« 960 Grid System | メイン | .htaccess で gzip 圧縮してデータ転送量を少なくする »

IE6 No Moreのソースコードをシンプルに

IE6 No Moreというキャンペーンがあります。何かというと

「IE6対応は難しく、いら立たしい作業で、過度に時間を取られる。さらにIE6は最近のWeb標準をサポートしていないため、開発者ができることに制約がある」

ので、 IE6でWebサイトを閲覧した場合にアップデートを促す警告を出そう!というキャンペーンです。

実際IE6はバグが多すぎ、弊社サイトもリニューアルの際にIE6化させることができませんでした。そのでこのキャンペーンに参加しています。

しかし、このキャンペーン用のコードを貼付けると、せっかく無駄無くまとめているソースがごちゃごちゃしてしまいます。 これが非常に気になったので、弊社サイトでは

<!--[if lt IE 7]>
<script src="/js/ie6.js" type="text/javascript"></script>
<![endif]-->

だけ埋込み、コードの中身は

document.writeを用いてjava化して「ie6.js」という別ファイルにしています。 これですっきりします。